FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02/07 GvGレポート

2010年02月12日 02:53

ぱぶりちぇんこー(´∀`)ノ

今回書くの遅れすぎて「今週はレポないの?」とか言われてしまいましたが、
リアル多忙なんです!本当なんです!別ゲームに浮気なんてしてませんよぉ!

まぁ冗談抜きにちょっと忙しかったですw
というわけでレポートは続きからどうぞ(;´∀`)
20:00 開幕

20:05 神器作成が行われた猫ましさんの長期防衛砦F1へ。

     色んなギルドが集まっていてやや乱戦気味?

     猫ましさんが牛丼していると知ったのは猫ましさんの別Gで割れてからでした。

     2月7日その1

     防衛がない場所を攻め続けても不毛なので早めに撤退。

     SE砦を中心に偵察を回すが、F1に集中していたのか、あまり防衛に遭遇しない(´・ω・`)

     しかし今回DTとしては珍しくLK0という事態。途中で一人サブキャラのLKを出してくれましたが。

     代わりにHWが3人くらい居ました。珍しすぎる(;´Д`)

     前回の確保砦であるF5を数人で見ていると、EQさんが来襲。

     第2守護石が破壊され、第1守護石防衛の前回の終盤のようなパターンに。

     が、今回は後衛が多かったのと守護石周りに人を配置したのが功を奏し、

     一度守護石付近でEMCを許すも第1守護石の破壊は許さず完封。

     魂CWの対応も大分慣れてきましたね。マヤパがあればもっと楽なんですがw

     裏EMCをメインで狙っていたせいか、EQさんの突撃単位が少数だったのも幸いしました。

     守護石前の通路でEMCを回される方がキツかったかも?

     むしろその合間合間に裏EMCを狙われたら面倒かもしれません。

     守護石を守りきり、逆側の守護石を再構築。入り口まで押してガディを誘導する。

     その後は偵察を飛ばし、無風&ポリン部さんの守るN5へ。

     人数的に押せる状況だったので一度の突撃で一気にマスターを中に送り、EMC。

     2月7日その2

     守護石を破壊し、バリケを攻撃していると無風&ポリン部さんがF5へ来襲。

     N5に最低限のバリケ破壊要員を残し他全軍をF5へ戻して迎撃する。

     するとまた無風&ポリン部さんがN5へ。

     N5を急いで割り、守護石とバリケを再構築する。

     第3バリケを再構築した時に抜けられたのは無風さんのパラ1名。

     その後は押し出しつつ入り口で両砦を防衛。

     F5とN5にそれぞれ見張りキャラを配置し、21:50にB1でEMC。

     攻めGが特に見当たらなかったのでV派遣を多めに出す。LK居なかったしね(;´Д`)

     すると何故か21:57にN5が落城。ポリン部さんがブレイクの様子。

     N5に居た見張りキャラの人に聞いたところ、守護石やバリケの破壊ログは無し。

     ERは陽光を使って見回ったはずなのに・・・。

     色々と納得がいかない部分があったものの
N5は放棄。最後にV1でEMCし全軍派遣。

     *↑上記に関して訂正があったため別の記事にて記しました。申し訳ありません。

     が、DELさんと派遣先が被って割り負け;w;

     今週はF5 B1の2砦取得となりました。


N5の件は色々と憶測が飛び交っていますが、まぁ結局は見回り不足と考えるべきです。
今後は見張りキャラの立ち位置、人数等も考えなくてはなりませんね。
しかしそういった意味でもやはりマヤパが欲しいものです・・・。
今回は派遣に失敗してV砦を確保できなかったのでまたマヤパが遠のく・・・(´・ω;;:;:;
ガンホーさん、マヤパの出現箇所と数をもう少し増やしてくれたりはしませんか?(´・ω・`)(ぁ

何はともあれ、Gvに参加されたGarmサーバーの皆様、今週もお疲れ様でした。
来週も楽しいGvになりますように!


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。